« 思いの丈を・・・ | トップページ | 笑顔 »

2005年7月29日 (金)

あれから一週間

いまだに事故現場を通ることはできません。

病院からの帰りのタクシーがその付近を通らないように

遠回りの道順を教えてしまいます。



救急車のサイレンを聞くと動機が激しくなり胸が苦しくなってしまいます。

時間が経てば平気になれるのでしょうか?







無我夢中に毎日を過ごしてきました。



大きな地震があったり、台風がきたり、猛暑が続いたりしましたが

「それがどうした?」って感じです。



不快と思う感覚すら麻痺しているのか

それとも、そう感じる余裕すらないのか

頭の中で考えることは、ただひとつ。

オットが元通りに戻ってほしい。ただそれだけです。





私たち家族が看病だけに専念できるようにと

いろんな方々が協力してくださってます。

本当にありがたい。



励ましのメールにも満足にお返事すらできなくて

心苦しく思っていますが思いやりのたくさん詰まった

暖かいメッセージを何度も何度も読み返し励みにさせていただいてます。



オットが退院したら「こんなにたくさんの人達が応援してくれてたんだよ」

と教えてあげなくては・・と今から楽しみにしています。







まだ安静にしていなければいけないのですが

オットは動きたくて動きたくて仕方ないようです。



ものすごいチカラで起き上がろうとするオットを

それ以上のチカラで阻止しなければならないので

面会時間が終わるとクタクタになってしまい

次の日は身体中が筋肉痛です。



「食欲がなくて・・」なんて言ってる場合ではありません。

ちゃんと食べて体力をつけなくては。

|

« 思いの丈を・・・ | トップページ | 笑顔 »