« 病める時も健やかなる時も | トップページ | 一方通行のメール »

2005年8月11日 (木)

だいじょうぶ

婦長さんから「奥様のほうこそ大丈夫ですか?お疲れではないですか?」

とねぎらいの言葉をかけていただきました。



大丈夫と言えば大丈夫だし、大丈夫じゃないと言えば大丈夫じゃないし・・・。

気の持ちようで、どちらにでも転がってしまいそう。



でも「気の持ちよう」でなんとかなっている場合は

まだぜんぜん大丈夫なんですよね。



本当に大丈夫じゃない時には気の持ちようではどうにもならない。

そういうことって確かにありますから。



だから今の私はぜんぜん大丈夫。



この「だいじょうぶ」というシンプルな言葉がけっこう好きです。



自分が壊れてしまうほど辛かった時

大きな壁にぶつかって乗り越えられなかった時

呪文のように心の中で「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と繰り返し唱えていたら

気持ちが少しづつらくになって、状況も変わり始めた経験があります。



だから今回のことも大丈夫。

自分のまわりをポジティブな言葉だけで固めたい。

いまはそんな気分です。

|

« 病める時も健やかなる時も | トップページ | 一方通行のメール »