« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

ピンクのアイシャドウ * LUNASOL

Runa

ルナソル ジェミネイト アイズ05

昔からピンクorパープル系のアイシャドウを

好んで使っていました。

目元に置くには難しい色味で一歩間違えると

ひじょうに「野暮ったく」なってしまったり「ケバく」なってしまったり

瞼が腫れたようになってしまったり・・・。

ルナソルのカウンターに行くたびに気になっていたジュミネイトアイズの05番。

ふんわり柔らかな印象に仕上がりますが一番濃い色を目尻にのせると

目元がキリッと引き締まります。

真ん中のシャドウはラメが大き過ぎて使い道が未だに見つからず・・・。

パーティーの時とかには良さそうですが普段使いにはちょっと・・・。

どんな人がどんな場面でのメイクの時に使っているのかナゾなのです。






秋から冬にかけてファッションがダークになってきたので

目元ピンクの出番が増えそうです。

Eye

| | コメント (4)

2007年10月28日 (日)

秋晴れ

台風一過。

気持ち良く晴れ渡った秋空に誘われて自然の多い広い公園までお散歩。

10281

金曜も土曜も雨でお散歩に行かれなかったから

いっぱい走りましょうね。

10282

昨日の台風で落っこちた「どんぐり」がゴロゴロ。

「秋ねぇ~」なんて観賞に浸っていたら驚いたことに目の前に咲くは

10283

なんと!桜ではありませんか!

葉は殆ど落ちてしまい裸の枝に花だけつけて

それはそれでとても綺麗な光景なのだけど

これも異常気象が原因であるのなら

なんだか物悲しく感じてしまいました。

やはり桜は春に咲いてほしい・・・。


久々にたくさん歩いて野山を駆け回って

お風呂にも入れてもらって、う~たん熟睡です。

10284

| | コメント (2)

2007年10月27日 (土)

問屋さん

季節外れの台風の中、私は浅草橋の問屋街におりました。

「こんな凄まじいお天気の日に出掛ける人も少ないだろうなぁ」

なんてとんでもない!

雨にも負けず風にも負けず、けっこう皆さん出掛けていますね。アブナイデスヨ

あちこちでビニール傘の残骸を見つけました。

こういうのが運転している時に飛んで来ると怖いです。





それはさておき、今日はラッピング用品が見たかったので

行った問屋さんは『シモジマ』 8階建ての大きな問屋さんです。

クリスマス用品もたくさん揃っていました。

10271

意外な物が破格値で売ってたりして面白い!

(中には「これって安いの?」と疑問に思うようなお値段の物もありましたが・・)


雰囲気に飲まれないように慎重に選んだ(つもり)商品達です。

10272

なにがなんだかよくわかんない画像ですね。(^^;;

| | コメント (2)

2007年10月26日 (金)

スキスキAちゃん

オットが入院していた頃、面会時間の長い週末は

私とムスメが長時間病院にいられるようにと

Aちゃん宅で預かってもらっていた う~たん。

その頃う~たんは、まだ生後8ヶ月ぐらいでした。

子供の頃、可愛がってもらった人は忘れられないのか

今でもAちゃんが遊びに来ると身体中奮わせて

嬉しくて嬉しくて自分でもどうしてよいのかわからないほどの喜びよう。

今日もAちゃんが我が家に来た時に異常なほど興奮していました。

1025

写っている赤ちゃんは、う~たんの弟分です。

う~たんを預かって頂いていた頃にはまだ影も形も無かったのに

月日の経つのは早いものです。(^-^)

いつか、ひろ~い公園に行って一緒に遊ぼうね。

| | コメント (2)

2007年10月21日 (日)

秋の公園

まさに行楽日和りな秋の空。

20211

大きなどんぐりがたくさん落ちていたね。

20212

う~たんは、ほんとうに楽しそうに走るよね。

| | コメント (0)

2007年10月20日 (土)

Wedding☆Anniversary

10201

今年も笑顔で迎えることができました。

オットは私の一番の理解者。

波長が合うのか一緒にいると楽しくて

素晴らしく居心地の良い存在です。

私にとって夫でありながら大親友でもあるのです。

仕事でイヤな事があっても、忙しくて疲れて帰ってきても

家庭ではいつも笑顔で機嫌が良くて、心から感謝しています。
こんなに奥サマの事を好きな旦那サマも珍しいかも。




「この世で私の事をこんなに大事にしてくれる人は他にいないだろうなぁ」

と、確信できるほど大切にしてもらっています。

これまでもいろいろあったし

これからも平穏な日々ばかりではないでしょうけれど

2人でチカラを合わせれば、何が起きてもなんとかなるような気がします。

私がおばあちゃんになっても、その傍らには笑顔のオットがいて

2人で空を眺めながら「きれいねぇ・・」なんて言っている姿が目に浮かび

あんまり今と変わらない事に気が付いて思わず苦笑。


これからも、お互いの存在を感謝し合いながら

一日一日を大切に過ごしてゆきましょうね。

10203

う~たん、ごめんね。ちょっとお留守番していてね。

続きを読む "Wedding☆Anniversary"

| | コメント (6)

2007年10月12日 (金)

最近使って良かったコスメ 2007・秋

『高機能化粧品』と言われているアンチエイジングコスメ。

実は20代後半から、あれこれと使っていました。

今まで使ったのは

ラ・クレーム (クレド・ポー ボーテ)

クリームミリオリティ (コスメデコルテAQ)

ドゥ・ラ・メール (DELAMER)

シスレイヤ (シスレー)

タン・マジュール (YSL)

ザ・B.A グランラグゼ (ポーラ)

リニュートリィブ アルティメイト リフティング クリーム

(エスティ・ローダー)


その中でもYSLのタン・マジュールが気に入っていたので

長年愛用していましたがアンチエイジングコスメというのは

使い続けていると効果の感動が徐々に薄れてしまいます。

更なる探究心がわいた結果、次のターゲットは「ゲラン」の

『オーキデ アンペリアル フルイド』↓

Gran

なんとも大げさなパッケージに入っいる美容液です。

本体はまるでパフュームの瓶のようなデザイン。

ただでさえ高いのですから入れ物にこんなにお金かけてくれなくても・・・

と思ってしまいます。(-.-")凸

見てくれで感動するのは最初だけ。

普段、家で使うのですからチューブでじゅうぶんなのです。



ただし、効果の方は相当なものでした。

次の朝、「おおっ!」と感動をおぼえるほど。素晴らしい!

「たかが化粧品でこんなに変われるものなのね」と思わずにはいられません。

「されど化粧品」でありました。

ただし万人に同じような効果が出ないところが基礎化粧品の悲しいところ。

お肌に合う、合わないもありますし・・・。

「ちょっと使ってみたくなっちゃったわ」と思ったら

勇気を出して試供品をいただきましょう。

そして手前に写っていつのは同じく「ゲラン」の

『オーキデ アンペリアル アイ&リップ』

目元、口元用のクリームです。

これは正直言いますと、効果のほどが全くわかりませんでした。(T▽T)

税込価格23100円で「効果がわからない」なんてむなし過ぎますぅ・・・。

但し私にはダメだっただけであって、これも人によっては良い効果を

発揮してくれるのかもしれないので私の評価、鵜呑みは禁物です。

目元に関して言えば、こちらの方が抜群に効果を発揮してくれました。

アジアンコスメ「ユケイドー」の

『極品 ゴールド ツバメ真珠 インテンシブ アイ エッセンス』↓

なんとも長い名前です。(^^;;

中国製というのが何かとひっかかりますが、ちりめんジワぐらいなら

即効で消してくれる優れものなのです。

お値段ナント2000円ナリよ。

Ayu0028_170

こちらも同じく「ユケイドー」の

『プラセンタ コラーゲン アイリペア エッセンス』↓

お値段2100円です。こちらもおすすめ!

Yukeido

更なるハリと、しつこいコジワを消したいのであれば

やはりレチノール配合が良いかと思います。

こちらは韓国製の「IOPE (アイオペ)」  『レチノールTX』↓

Iope

レチノール配合の為、夜のみ使用しております。


基礎化粧品はこの辺で終わりにして次は化粧下地で感動した商品は

「クレド・ポー ボーテ」の『バーズリサントタンドル』でした。

Clede

くすみ知らずで内側から光を放つ肌になれます。

一日が終わり、そうとう疲れていたにもかかわらず

お肌だけは疲れがあらわれておりませんでした。

私はベースメイクにはそれなりにチカラを入れていましたが

たったこれだけで、それまでの入れたチカラ以上の効果があらわれて

脱帽ものの逸品です。

「夕方になると、くすみが気になるのぉ~」とお悩みの人には

是非とも使ってほしいのです。

さらに美しく仕上げたければ「ソニア リキエル」の

『ラトゥー・エクラ シュプリム』を少しだけ重ねれば完璧です。

どちらも欲張ってたくさんつけると白浮きしますので、ほどほどに。

最後は仕上げのお粉、ルースパウダーです。↓

「ローラ メルシェ」の『ルースセッティングパウダー』は

つけた瞬間はマットですが時間が経つほどに

透明感のあるツヤ肌になれるという不思議なお粉。

何が嬉しいって毛穴が目立たなくなります。

お肌が乾燥しません。これって、これからの季節重要ですよね~。

それから崩れにくいので、お化粧直しの回数が減ります。

私は肌色がイエローベースなので「アイボリー」を愛用中。

Laura3

そんなわけで、最近使ってみて感動したコスメ達でした。

| | コメント (4)

2007年10月 9日 (火)

ありがとう

Zerry

ちょっと体調を崩していて、かと言って寝込むほどでもなく

いつもどおりに仕事にも行って、その程度の具合の悪さだったのに

「はい、お見舞い!」早く帰って来てくれたオットの手には

フルーツたっぷりの可愛いゼリー。



結婚する前から優しかったけど、結婚後 ますます優しくなって

常日頃から「私って大切にされてるなぁ~」

って感じながら生活していましたが

会社帰りのビジネススーツ姿で

可愛らしいゼリーを選んでいる様子を想像したら

なんだかとても幸せな気分になってしまい

思わず涙がこぼれてしまいました。



オットは私がいきなり泣き出したので驚いていましたが・・・。(笑)

| | コメント (2)

2007年10月 8日 (月)

しつけ教室

う~たんの問題行動を直さなくては!という使命感にかられて

いろんな「しつけ教室」を探していたところ

先週『ポンポリースのドッグラン』に遊びに行った際に

こちらでも「しつけ教室」をやっていると知り

個人レッスンを申し込んでみました。

私よりもオットの方が、う~たんに甘いので一緒に参加してもらいました。

まずは1時間以上に及ぶ丁寧なカウンセリングから始まります。

う~たんの直したいところとは

★自分よりも年齢が若いワンコが寄ってくると吠えて近寄らせない

★オスのワンコにお尻のにおいを嗅がれるとすごい勢いで怒る

★車の中で目的地間際になるとナゼか発狂する

などです。

このような場合は基礎的なしつけを徹底すれば

おのずと治るものらしいのです。

つまり我が家のしつけがなってなかったという事なんですよね。

う~たんは2歳ぐらいまでは本当に育てやすい子で

飼い主を悩ませることもなかったので

とくに徹底したしつけをしなかったのがアダになってしまいました。

犬の問題行動の原因は全て飼い主です。

ただ厳しくしつければ良い子になるわけでもなく

叱り方、誉め方を間違えてしまうと犬の問題行動を増徴させてしまうので

飼い主は犬を混乱させないように常に徹底していなければならない。

頭ではわかっていても、これがなかなか難しいのです。

だけど、せっかく丁寧に教えていただいたのだし

う~たんも出来るようになったのだから私達が頑張らなければ!

10081

写真は「待て!」のポーズを保っているところです。

すぐ側にはう~たんの苦手な若いワンコがいます。

今までなら、その子に吠えたり向かって行ったりしていました。

飼い主が静止してもです。

それがどうでしょう。吠えることもなく飼い主の方をじっと見続けています。

う~たん、ひたすら我慢の子の図です。

あまりにも真剣にレッスンを受けたので写真はこれだけ!




トレーナーさん曰く、う~たんは(と言うかトイプードルは)

学習能力に優れているので後は飼い主さん次第だそうです。(汗)

飼い主の「しつけ教室」でした。(^-^;

レッスンも終わり、さっそくカフェで実践してみました。

場所は田園調布の『田園茶房』

10082

私かオットのどちらかがトイレなど行ってしまうと吠えていたのですが

とても良い子に待っていることが出来ました。

この調子だよ、う~たん♪

今日はよく頑張りました。花まるあげますね。

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

ラ・フェット多摩

気持ちよく晴れ渡った3連休の中日

東京多摩にあるアウトレットパーク『ラ・フェット多摩』まで

出掛けてみました。

初めて行ったのですが、我が家からは ちょっと遠かったですぅ~。(^^;

10071

あんまり広いアウトレットモールだと疲れてしまうので

このぐらいの広さが私的には丁度良いかもしれません。

殆どのモールは店内はワンコも一緒には入れませんが

こちらはお店の外に入れるか入れないのかがシールで記されており

(HPからでも確認できます

殆どのお店は抱っこやキャリーバッグに入れてなら一緒に入れるので

本当にたくさんのワンコ達と遭遇できました。^-^

10072

ただ、お食事は『arancio』のテラス席のみですが席数は多いです。

10073

バッグの中でいい子にしていてくれたおかげで

お買い物を楽しむことができました。

う~たん、ありがとう♪

10074

| | コメント (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »