« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ホワイトフレームのプリザーブド

01301

「Birthdayプレゼント用に」と注文をいただき作ったアレンジです。
シンプルなフレーム型は、そのまま置いたり
写真立てのように立てかけたり
壁に掛けたりと、飾る場所の選択肢が広がるので
どのように飾られてもバランスがとれるように
考えながらアレンジしました。 
 

01302


お誕生日おめでとうございます
素敵な1年になりますように・・・heart01


|

2009年1月29日 (木)

自分でまつげパーマ@その後

自分でまつげパーマをかけるようになって10か月ほど経ちましたが
ロットやパーマ液をあれこれ使ってみて、やっと自分に合うのが
わかってきました。



一番最初に購入したのは『くるくる本舗』のセットでした。
パーマ液もクリーム状で液だれの心配もないし
ロットは中にワイヤーが入っているので
目に沿ったカーブがキープできるので
初心者の私にはとても使いやすかったです。



ですが

回数を重ねると「もっと思いどおりのカールに仕上がってほしい」
という欲が出てきました。
扇型のように広がったまつげが理想なので毛の根元から立ち上がるように
仕上げてくれるロットを探し何種類か試してみた結果
『まつげ屋本舗』のバービーロットに落ち着きました。
ちなみにサイズはLLを使っています。
このロットを根元よりほんの少しだけ離した位置に置いています。
そして毛の根元にゆるみを出さないように引っ張リ上げながら
ロットに貼りつけると理想に近い仕上がりになりました。

パーマ液はロマンサを使っています。
とてもかかりが良いので毛先には塗らずに時間も短めに。
液はゆるめではないので、垂れてきて目に入ったことはありませんが
万が一そうなってしまった場合は即座に洗い流さないと、とても危険。

01281

自分でやるとサロンでやってもらった時よりも持続期間が
短いような気がします。
早い時は2週間ぐらいで下がり具合が気になってきますが
頻繁にかけると傷んでしまうので1か月は絶対に我慢しています。
自分でやるようになってから、痛みが気になるので
なるべく良い状態を保つために、まつげ用の美容液を
毎日使っているせいかだんだん長くなってきました。
毛の向きがばらけてくるとマスカラを塗った時に
とても汚くなってしまいますがマスカラの前に美容液を塗ると
ハリが出るので流れが整います。

0128

セルフはサロンまで行かなくてもできるお手軽さはありますが
やっぱりやってもらった方がラクチンですね。^^;

私は視力が0.3しかなくてパーマかける時は裸眼ですから
すごーーーく鏡にくっついてやっているので、体勢があやしい。
慎重にやらないとウネウネまつげになってしまうから必死です。
気を張って集中しているから終わった時には変な疲れが出てしまいます。

これって私だけでしょうか?





|

2009年1月27日 (火)

美容の友

自分の好きなこと、興味のある内容だったりすると
時間を忘れて夢中で話してしまいますが
今日はメイクアップアーティストの友人と美容について
ノドの奥が嗄れてしまうほどお喋りをしてしまいました。
忙しい人なので月に一度ぐらいしか会えないけれど
会った時は山ほどの情報を提供してくれる有難い人なのです。

女優さんなどと一緒にお仕事をしているだけあって
いろんな情報を、しかもナマの声を入手できるのがとても羨ましい。
彼女とは、これまでも美容に関する話をたくさんしてきましたが
お互いに年齢が上がってくるにつれてお手入れ話の内容も
スキンケアなどのコスメ系だけでは物足りなくなり
クリニック系などの「治療法」も加わってきました。
そうなると、ますます正しい選択をしなくてはなりません。
(実は、やらないほうが良い治療も多々あるそうなのです)

内容的にはレーザーなどの光治療の美肌法なのですが
最近はレーザーマシンも次から次へと新作が登場しています。
しかもクリニックによって内容は同じでも
名前を変えて紹介されてる場合もあるので
私のようなシロートには、なにがなんだかサッパリ。
同じコトやってても、お値段が大幅に違ってたりとかザラですもの。
儲け主義のクリニックに通ってしまったら
お金がいくらあっても足りません。(:_;)

女優さんがお忍びで通うところは
先生が職人気質で料金が良心的で
マイナーなクリニックだったりするみたいです。
いよいよ(?)な時は是非とも教えてもらうつもりですが
日進月歩な業界なだけに、すぐ飛びつかずに様子を見るのも
選択肢のひとつかな?と今は思っています。





|

2009年1月25日 (日)

暖かな日曜日

昨夜、映画を観終わり帰る時には
みぞれ交じりの冷たい雨が降っていたのに
今日は一転、暖かな日曜日になりました。

木瓜の花や水仙の花、冬の花々も暖かい日には
ふんわりとした香りを漂わせています。

01252_3 

01253

もう少しで春の花の蕾も色づき始めそうな穏やかな日差しの中
歩いていたら、向こうからやってきたのはう~たんのBFレオ君。

01254

カフェオレ色した男の子。
走り屋のう~たんと追いかけっこをしながら
いつも仲良く遊んでいます。

01255

「一緒にランで思い切り走りたいな。」
なんて思っているのかな?う~たん。

|

2009年1月24日 (土)

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観て

0124

今日封切りの『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 を
レイト・ショーで観てきました。

あまりにも有名な『タイタニック』のディカプリオと
ケイト・ウィンスレットの再共演ということで
「イメージがかぶってしまうのでは?」と懸念してましたが
2人とも、いい感じに年を重ね『タイタニック』のジャックとローズとは
別の人物になっていたので先入観なく観ることができました。

しかし、なんと言えばいいのか・・・

「そうなる前に、もうちょっとなんとかなったんじゃないの?」

な後味悪い結末。




結婚や出産によって自分のキャリアや環境を変えざるをえない
女性の心の葛藤や気持の折り合いの付け方など
「あ~、わかる、わかる」と共感できる部分をもっと
描いて欲しかった。


理想的な夫婦に見えても、その実態は・・・
みたいな触れ込みだったので夫婦間のすれ違う心情が
深い所から描かれているのかと思いきや怒鳴り合いの喧嘩ばっかり。
子供2人の存在も薄くて良きパパ、良きママぶりが見えなかったから
なおさら夫婦間の我の強さばかりが強調されたように感じました。


もひとつ気になったことが。
私が嫌煙家だからなおさらそう感じたのかもしれませんが
この映画、タバコを吸うシーンが多過ぎます。
とくに嫌悪感を抱いたのは妊娠しているにもかかわらず
パッパカパッパカ吸っている妻の姿。
「この子を生む気はないの。」と主張しているみたいで
ちょっとイヤでしたね。




あ"~、でもなぁ、仲直りの仕方は上手な2人なのに
なんでこうなっちゃうかなぁ?
やっぱり後味悪いです。




結局のところ、妻というのは愚痴が付きものだということでしょうか。
それをどのように受け流すかが夫の課題。
受け流し方が上手な伴侶であれば家庭は円満にいくのです。
静かな渋いラストシーンがそんな事を教えてくれてた気がします。


なんか、文句ばかり書いてしまいましたが
私はHappy endが好きな単純な頭の持ち主なので
考えさせられる映画は、どうも苦手なのです。
『タイタニック』で結ばれなかった2人だったから
個人的にはHappyな結末にしてほしかったな。






インタビューで「家庭円満の秘訣は?」と質問された
ケイト・ウィンスレットは即答しました。


「一緒にいること!それからユーモアと笑顔ね」


この映画の監督である旦那様とは映画のストーリーとは
真逆な私生活を送っているようで「ほっ」としてしまいました。


|

2009年1月17日 (土)

つばさドッグラン

01171

今日も城南島海浜公園のつばさドッグラン。
走るのが大好きなう~たんにとって大好きな場所です。

01172

伸び伸びと全力で疾走している姿はまさに『犬』そのもの。


01174_2


今日もにこにこ笑顔。
本当に楽しそう。
ご機嫌ね、う~たん。
 

01175_3

|

2009年1月12日 (月)

爪先も鮮やか

0111

ムスメは成人式用にネイルサロンへ。
「1万5千円もかかっちゃったよぉ~」とぼやきながら帰って来ました。

ムスメさん、明日は呆れるほどの過密スケジュール。
まずは朝から美容院で着付け。
そして成人式の式典へ。
その後は高校まで通っていた学校が成人を祝う会をしてくれるので出席。
一度、家に帰って洋服に着替え、また同窓会という名の飲み会。

親と過ごす時間なんてありゃしない。


あんまり羽目を外さないようにお願いしますよっ!sweat01

|

2009年1月11日 (日)

う~たんの走り初め

01116_2

凛とした冷たい空気が気持ちが良い真冬の公園。

2009年もう~たんは元気に走っています!

01112
01113
01114_2

満足しましたか?

01115

気が済むまで走った後は枯れ葉の上でひとやすみ

01111

お日様ポカポカ 気持ち良いね。

|

2009年1月10日 (土)

彩り鮮やか

01101

成人の日にムスメが着るのは四季折々の花が描かれた
紅型(びんがた)の振り袖です。



01102




実はこの振り袖は私が成人式の時に作ってもらったものです。
わざわざ京都の呉服屋さんまで出向き、選んだのを覚えています。

母が言うには
「なにしろ膨大な数の柄が並んでいたから
ゆっくり選ぼうと思ったら、あなたったら
なにがなんでもこの着物が良いと
あっという間に決めちゃったのよ。」

せっかく京都まで行ったのに、あっけないほど早く
決めてしまったらしいのです。
着物屋さんが「じゃあ、この柄に似合う帯は・・・」
と他の帯をいろいろと勧めてくれたにもかかわらず
「帯はこれ!」と、違う帯を引っ張り出して来て
即決してしまったそうです。
着物の知識がゼロに等しかったくせに生意気ですよね。
おまけに長襦袢は父が決めてしまったらしくて
着物ゴコロがある母の出番は全く無し。
きっと張り切っていただろうにかわいそうな事をしてしまいました。^^

若いころの私は(今でもかな?)なんでも直感で決める人だったので
「ありえるな」と苦笑い。
こういう所がムスメとは正反対で、彼女は
じっくり考えてから決めるタイプなので
「早く決めなよ。」と私はしょっちゅうせかしてしまいます。^^;



01103_2



袖を通さなくなってから、ずいぶん長い年月が経つのに
母が大切に保管し、定期的に風を通して虫干しなどのお手入れも
マメにしてくれていたおかげで虫食いや変色もなく
未だに鮮やかなままで本当に頭が下がります。
おかげ様でムスメにも着せてあげることができました。




01104_2

私がとても気に入っていた振り袖をムスメに受け継いでもらえるなんて
想像していた以上に嬉しいものです。
その喜びは母がお手入れをしていてくれていたおかげだと
心の中で感謝しています。
振り袖姿のムスメを見たら私の時と重なって
母も喜んでくれることでしょう。

今はラメやフリルなどあしらった着こなしや
茶パツ盛り盛りageha嬢のような振り袖姿も目に着きますが
正しい装いで送り出してあげたいなと思っています。












↓は↑の振り袖を着ていた頃の私です。
うぅっ!もどりたいわぁ・・ (T▽T)

白黒写真しか無かった頃ではありません。念のため。sweat01
時はバブル真っ盛り、ひじょうに景気が良くて
今とは対極な時代背景でした。
あまりにも華やかな青春時代を過ごすことができたので
今の子達は少し気の毒な気がします。

Ma



今日は着付けに必要な物がちゃんと揃っているのかをチェックしました。
いよいよ・・・なんですね。

|

2009年1月 8日 (木)

翼雲

01081

お洗濯物を干していた時の朝の空です。
まるでギリシャ神話のイカロスの翼のような雲でした。

01082

|

2009年1月 6日 (火)

Dear my daughter

「やっと逢えたね」

20年前、産まれたてのムスメに初めてかけたのが、この言葉です。

01061

3歳の頃には、どんな子になっているのかしら?
小学生の時、この子はどんな子供になっているのかしら?
17歳の頃は、どんな女の子に成長しているのかしら?
そして、はたちの頃には・・・。


子供を育てながら、少し先の「この子」を想像するのが好きでした。
はたちになった時には、どんな女性になっているのか想像するのは
楽しみでもあり、はるか遠くの事のように感じていました。

今日、ムスメは二十歳になりました。
驚くほどあっという間の二十年間でした。
できることなら二十年前に戻って
もう一度最初から子育てをしたい心境です。

それは育てあげたムスメに不満があるからという意味ではなく
親として未熟だった自分を反省しつつ
もう一度あの楽しさを味わいたいのです。
大変だった事も胸を痛めた事も山ほどありましたが
子育てに明け暮れていた日々が今となっては懐かしく思い出されます。
いろんな経験をさせてもらえたし、いろんな方との出会いもあり
たくさん学ばさせていただき、中味の詰まった濃い20年間でした。




ゆうべ日付が変わった時にムスメをぎゅーっと抱きしめて
「お誕生日おめでとう!」を言いました。
その瞬間に、お腹の中にいた時から
今までいっしょに過ごした月日が
ダムの放水のごとく頭の中に流れ込んで来て
涙が止まらなくなってしまいました。
よく「走馬灯のように・・」と言いますが
そんな緩やかな流れではなくて
本当に一気に怒涛のごとく駆け巡り
ムスメを抱いたまま泣いていました。



一生懸命育てた子が、どんどん離れてしまうのは正直寂しいです。
大切な宝物を手放すのは悲しいです。
成人したと言っても年がら年じゅう、小言を言われ
年がら年じゅう、口応えをして、まだまだ未熟な点が満載ですが
良い子に育ってくれました。
神様からの贈り物を 無事ここまで育てることが出来た事に
心から感謝をしています。


0106 Dear my daughter   

いよいよ今日から大人の仲間入り、全てが自己責任になるのです。
精神的に自立できるように心掛け、今一度生活を律してください。

大学を卒業すれば経済的にも自立しなければなりません。
お金の管理もきちんと出来るようになってください。
私のようなどんぶり勘定は今の世の中に向いていません。

あなたと関わる人達への感謝の気持ちを常に忘れないでください。
いつも側にいてくれた友達、子供の頃からお年玉を戴いたり
お祝い事を忘れずにしてくださった親戚の方々や周りの大人の方々。
学校生活を共に過ごした先生方や先輩たち。
これから出逢うであろう親よりも大切な人。

あなたに何かしてくれた人に対して決して「当たり前」だと思わずに
きちんと感謝ができる人になってください。
感謝の気持ちを心の中で思うだけではなく
言葉で伝えるようになれたら、大人になった証しです。

素敵な女性になってください。
あなたならきっとなれます。

成人 おめでとう。
生まれてきてくれて ありがとう。
幸多き人生になるように心から願い 永遠に見守っています。

大好きな娘へ
                                                    2009. 1 . 6

続きを読む "Dear my daughter"

|

2009年1月 5日 (月)

新年

0101

新年 明けましておめでとうございます




家族や友人達と集まって楽しく賑やかに
そして美味しいお正月を過ごしていました。

今日はオットの仕事初め。
あっという間にお正月が終わってしまった気がします。
が、12日にムスメの成人式を控えているので
それが済むまではなんとなく落ち着きません。

1年が経つのもも早いけど20年も早いです。
ついこの間、産んだばかりだと思っていたのに・・・。
こらから着付けを予約した美容院で打ち合わせをした後、
髪飾りを買いにムスメとお出掛けです。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »