« シミ取りレーザー治療 | トップページ | 子ぐまのお好み焼き »

2010年2月27日 (土)

APPARE☆NIPPON

ずっと楽しみにしていたオリンピックの女子フィギアスケートが
ついに終わってしまい気が抜けてしまった私です。

真央ちゃん、泣いちゃいました。weep
もう切なくてテレビの画面を通して
真央ちゃんの頭をなでなでしていました。

ショートを終えた時の輝く笑顔が印象的だっただけに
その2日後に涙にくれる姿は想像もつきませんでした。

真央ちゃんは本当に笑顔が似合う子だから
泣き顔を見るのは辛いです。
でも、悔し涙を流している真央ちゃんを通して
4年後に一番高い場所で満面の笑みをうかべている
真央ちゃんが見えました。



昔からフィギアスケートが大好きで
大きな大会は必ず観ていました。
だけど好きになればなるほど採点に「はぁ?」と感じる事が多くなり
今回のバンクーバーはその最たるものでした。

『史上初』な難しい技にはもっと加点をしてほしいと切に願います。
じゃなければ難しい技に果敢に挑戦する選手達がいなくなってしまい
綺麗にまとまってはいるものの、心に残らない演技ばかりになってしまいます。
オリンピックで観たいのは、アイス・ショーではなく
あくまでもスポーツとしてのフィギアスケート。

GOE(出来栄え評価)の付け方にも主観が混ざっているように思えたし
せっかく素晴らしい演技を見て感動していても、その後に出る点数に
興ざめしてしまい、だんだんフィギアを観るのがいやになってきました。
点数さえ見なければ本当に素晴らしい大会だったのに・・・。
男子シングル銀メダリストのプルシェンコ選手も採点に抗議していましたけれど
出場選手も世界中の観客も私のようなド素人も
全ての人が納得できるクリーンな採点方法に
改善してほしいと切に願っています。





そんな中でも日本人選手の6名全てが入賞した快挙は
実に喜ばしいことで、ひとりひとりの演技に涙しました。
日本人選手が登場するたびに鼓動が異常に早まり
ジャンプをするたびに涙腺がゆるんでしまい、もう大変!
赤の他人なのに、この有り様だもの。
ご家族の心中たるや想像を絶する事でしょう。




初めての舞台で見事な4回転を成功させた小塚選手。

アクシデントに負けず最後まであきらめない強靭な心の織田選手。

自らを「精神力の弱さが欠点」と言いながらも大ケガを克服して
見事に銅メダルを獲得した卓越した精神の高橋選手。

安藤選手の美しい妖艶なオーラには魅了されました。

鈴木選手の弾けるようなステーティングに心が高揚しました。

そして真央ちゃんのアスリート魂に心底感動しました。





ものすごく楽しませてもらえたし
ものすごく興奮しました。

本当にお疲れ様でした。
感動をありがとうございました。








|

« シミ取りレーザー治療 | トップページ | 子ぐまのお好み焼き »