« 移りゆく記憶 | トップページ | 外苑の銀杏並木 »

2010年11月14日 (日)

気がつけばもう秋

11141

休日のたびに用事が入ってしまっていたので
ゆっくりと時間をかけて公園をお散歩するのも
ずいぶんと久しぶりになってしまいました。

秋色に染まった公園は、上を見ても下を見ても
鮮やかに色付いた紅葉がとても綺麗です。

11142






この季節になると必ず思い出すのが
以前住んでいた世田谷のご近所さんです。
そのご近所さんのお宅は大きな桜の木がありまして
春には桜の花びらが、秋から冬には葉が落ちるので
お庭や道路を毎日のようにホウキで掃いていらっしゃました。
とくに、この季節は、次から次へと落ち葉が舞い降りてキリがなく
その様子を見て思わず「大変そうですね」と声をお掛けしたことがありました。



「この木がね、私に季節の移り変わりを教えてくれるから
 少しも苦にならないの。」

と、とても穏やかな笑顔でおっしゃっいました。

そう言われてみれば、いつも掃き掃除をしてらっしゃる時のお顔は
楽しんでいるかのように、少し口元に笑みが浮かんでいます。
心にゆとりのある暮らしぶりって、こういうことなのかな?と教えてもらいました。
もうずいぶんご高齢ですが、お元気かな?お元気だと良いなと
思い出してしまう素敵なご婦人でした。









11143


ところで、健脚う~たんは今日もよく歩き、よく走り
草っぱらにダイブして体中にいろんな物をくっつけてくれました。coldsweats02
帰宅して、速攻でお風呂に入ったのは言うまでもありません。

11144

「お顔がチクチクするよぉ~weep







|

« 移りゆく記憶 | トップページ | 外苑の銀杏並木 »