« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

お願いがあります

『災害メッセンジャー』

とは、東日本大震災で避難所生活を余儀なくされた方々へ
いち早く支援物資を届けたいという熱意を持った有志達が
震災の翌日に立ちあげたボランティア団体です。

現在、私はこちらで物資仕分けのお手伝いをするべく
メンバー登録をさせていただいております。

家賃がひと月1000万円もする広い倉庫を
太っ腹サマが無料で提供してくださいまして
そこで作業をしているのですが
4月の中旬までしかお借りできません。
(なんせ1000万のスペースを無料提供ですから!)
それまでに、ひとつでも多くの物資を被災地にお届けしたいのです。





お願いがあります。
物資が足りません。
早急に必要とされている物がひじょうに多いのです。






支援して頂きたい品物はこちらを参考にしてください。

お届けした際に、被災地からの肉声を持って帰って来ますので
時期によっては支援して頂きたい物資の種類も変動があるかもしれませんので
『災害メッセンジャー』のHP をチェックしていただければ幸いです。


新聞、テレビ、インターネットなどでも被災者の方々の生の声を知る事ができます。
その中で何か必要な物をおっしゃっていたのなら、そういう物も送って頂ければ
臨機応変に対応いたします。


もし、ご家庭で買い置きされていて少し分けてもいいよという
品物がございましたら是非とも支援をお願い致します。

(新たに購入するのは、現在問題になっている買占めを助長する恐れがあるので
 あくまでも無理せず提供して頂ける範囲でお願い致します)


*企業様からの大口の輸送依頼も受け付けています



saigaimessenger@i.softbank.jp

こちらのメールアドレスにご連絡のうえ
下記の住所まで送ってください。宜しくお願い致します。


 〒143-0022 
 東京都大田区東馬込2-15-2  
 株式会社トラスト・エキスプレス 災害メッセンジャー宛

  ℡:03-3774-5731










「同じ品物だけを同胞しなくてはいけないの?」


種類の違う品物が一緒でも大丈夫です!
段ボールに何がどれだけ入っているのか記載して頂ければ
仕分けもよりスピーディーに進みますので宜しくお願いします!




「こんなに少量だけ送っても仕方ないのでは?」


少量でも本当にありがたくお預かりいたします。
皆さまから届けられた尊い品物は
被災地で仕分けされている方々のお手間を取らせぬように
同じジャンルどうし細かく仕分け
責任を持って被災者の方々にお渡しいたします。





ただ、たいへん申し訳ないのですが新品か未使用のものでなければ
お届けすることができないので、どうかご了承願います。










**個別配送のおしらせ**

只今のところ東北大学病院東北労災病院の2か所に限ってですが
こちらに入院されている方、避難されている方の個人様宛への
物資のお届けも承っております。

『災害メッセンジャー個別配送~被災地のあの人に届け便~』 ←クリック
こちらの依頼フォームからお申込みください。

0327
届けられた支援物資。段ボールに添えられたメッセージが暖かい


災害メッセンジャー


 〒143-0022 
 東京都大田区東馬込2-15-2  
 株式会社トラスト・エキスプレス 災害メッセンジャー宛

  ℡:03-3774-5731

|

2011年3月19日 (土)

震災から一週間

地震なんか起こらなければ良かったのに。




いまさらそんな事言っても仕方がないと
じゅうぶんわかっているけど
何度も思ってしまいます。



あの地震さえなければ・・・と。

そしたら被災地の全ての方々が
今も平和に暮らしていられたのに・・・。











1秒でも早く普通の暮らしができるようにと
誰もが願っているはずなのに・・・。

テレビや新聞であんなに「買占めは必要ありません」と訴えても
今日もスーパーは品薄状態で商品棚はガラガラに空いていました。
被災地の方々は一日におにぎり一個しか口にできないというのに
復興作業のために命はってくださっている方々もいらっしゃるというのに
被害に遭っていない地域の人間が躍起になって買い溜めしているなんて
なんだかもう、やりきれなくなってしまいます。
それから義援金詐欺が横行しているなんて軽蔑以外のなにものでもありません。







被災地の方々に恥じないような暮らしを心掛けなければ。






早く、早く、1秒でも早く支援物資が届くように
仕分けボランティアに参加しようと思っています。




|

2011年3月17日 (木)

このような時期ですが・・・

ムスメの卒業式や卒業公演、友達との夕食の約束、
3連休は母が泊まりにくるなどの全ての予定が中止になった今週。


地震以来、久々の外出です。

03171

2011年3月31日をもって、惜しまれつつも閉館されます
『グランドプリンスホテル赤坂』通称赤プリのラストに華を添えるべく
プリザーブドブーケのオブジェの造り込みをしてました。



オープン時にはその近代的な外観と
真白な大理石のロビーがとても魅力的に映りました。
でも、私が好きだったのは趣のある旧館の外観と
2階の仏蘭西料理のレストランでした。

たくさんの方の思い出が詰まった赤プリが
本当にもう無くなってしまうなんて
そのような時の流れを寂しく感じました。


03172

このような時期ですが、もしお近くに足を運ぶ機会があれば
お立ち寄りください。
ロビーから続く大理石の階段を下りた場所に展示されています。

|

2011年3月12日 (土)

2011.3.11

東北地方太平洋沖地震









その時私は渋谷のビルの6階にいました。
天井のシャンデリアは弧を描き
いつ落下してもおかしくないほど揺れていました。

窓から外を見降ろすと、あちこちのビルから飛び出してきた人達で
歩道はごった返していました。
揺れはなかなかおさまりません。

「当ビルは免震構造のため倒壊の心配はございません。
みな様、安心して落ちついて行動してください。」

アナウンスは繰り返し流れていましたが
安心できないほどの大きな揺れが続きました。

何度も地震を経験してきましたが、生まれて初めて
「助からないかもしれない」という恐怖を感じました。


「とにかく家に帰らなければ・・・」
家にいるのは、う~たんだけ。
少しの物音にも敏感なあの子のことだから
さぞや怖い思いをしている事でしょう。


急いで渋谷駅に向かったものの電車は動いていません。
人があふれ返った寒い改札口で3時間ほど待ちましたが
電車は動きそうもないので、少しでも暖かい場所へと
東急東横店に移動しました。
トイレも公衆電話も長蛇の列でしたが
有難い事に東急デパートの従業員さん達が
上手に誘導してくれたので助かりました。


「とにかく家族と連絡をとらなくては!」と焦っても
携帯は満足につながらず不安は増すばかり。
ムスメとは連絡が取れましたが、オットとは取れないまま。
やっと人づてで無事が確認でき、ひと安心。
ムスメは大学にいたので、学校の近くに一人暮らししている
お友達のところに泊めていただくことになりました。



地震ももちろん怖かったけど
それ以上に家族の安否がわからないのが一番怖かった。



電車も動きそうもないので諦めて駅を後にして
渋谷区の施設にしばらく避難して
車で帰ってくるオットに拾ってもらうことになりました。

しかし道路はありえないほどの渋滞です。
家に着いたのは夜の2時過ぎ。
留守番電話には実家の母からのメッセージが何度も入っていました。
連絡がつかず、どんなにか心配だっただろうと思うと
本当に悪いことをしてしまいました。


帰宅してようやくテレビ見ることができましたが
目に飛び込んできた被害の大きさに血の気が引き
眠気も飛んでしまいました。
繰り返し流される映像に胸がつぶれる思いです。
あの惨状を人生に突き付けられた多くの方々に
自分にできる事は何?そればかり考えてしまいます。




Pray for japan

世界中から支援やメッセージが届いています。
同じ日本に住んでいるのに私がいま出来る事といえば
募金ぐらいしかないのがとても歯がゆいです。








何度も何度も余震が起きています。
このブログを書いている時にも揺れました。
昼間行ったスーパーも、買いだめしている人ばかりで
商品が品薄状態でした。








いつ何が起こるかわからない。
次は自分かもしれない。



決して他人事ではないのです。





助かった方々のこれからの生活を
傷ついてしまった心を
国が、国民ひとりひとりが
全力で救わなければ。






|

2011年3月 7日 (月)

3月に降る雪

03071

朝起きてビックリ!外には雪が降っていました。
週末は花粉が飛ぶような暖かさだったのに
まさに三寒四温ですね。

我が家の葉牡丹に積もった雪です。
この葉牡丹、かなりほったらかしにしていても
綺麗なままの姿でいてくれる自立した良い子です。
今年大学を卒業するムスメよりも手がかかりません。coldsweats01

03072


今日、大学から学位授与式の招待状が届き
ほっと胸をなでおろしました。

これが届かない=留年だからです。


何を隠そう、あれは去年の夏の日の事。
大学から3者面談のお知らせが届きました。
なんと、ムスメの単位が足りてない。
このままでは留年かもよと。shock


まさか大学に入ってまで呼び出しくらうとは想定外。
その時から悩みがひとつ増えてしまいました。
ムスメの学部は特殊なせいか学費がバカ高くて
4年間分でさえやっとの思いで支払ってきたというのに
留年したらまた1年分よけいに払わなければならないじゃないか!crying

そのうえ、卒業式に着る羽織はかまの代金や
撮影代も支払っちゃったしキャンセルするのは悲しいじゃないか!crying


それからはムスメを叩き起こして学校へ送り出し
肝を冷やし続けた半年間。
必要単位も習得でき、ぶじ卒業の運びと相成りました。

って言うか、卒業できるってだけでこんなに嬉しいなんて・・・(苦笑)
        
     てっきり当たり前のことだと思っていたわよ。(ボソッ)






まったく、ムスメにはいつも土壇場までハラハラさせられて
寿命が縮む思いですっ!(´;ω;`)ブワッ






卒業式が楽しみです。
やっとの思いで迎える晴れの日だから雪は降らないでね。










|

2011年3月 6日 (日)

つばさドッグラン

土曜日、う~たんが一日中お留守番をしてくれたおかげで
可愛い可愛い産まれたてのBabyちゃんに逢いに行くことが出来ました。
新生児というものは、どうしてあんなにも可愛いのでしょうか?
いくら見ていても飽きないほどの可愛らしさでした。lovely




で、日曜日はお友達のところへ
Birthdayプレゼントを届けに行き
お墓参りにも行き

お待たせしましたう~たんさん。
いざ、城南島へGO!

03061

城南島海浜公園のつばさドッグランではたくさんのワンコ達が
元気よく遊んでいました。
そしてクシャミを連発している飼い主さん達もちらほらと・・・。sad

03062





いやはや、今年の花粉はホントにきっついです。weep
ピーク時にはボロボロになってしまいそうな予感が・・・。crying
今月はイベントが多いから勘弁してほしいのです。







帰りに寄ったスーパーの駐車場から見た夕焼けが素晴らし過ぎました。

03063





|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »