« 3月に降る雪 | トップページ | このような時期ですが・・・ »

2011年3月12日 (土)

2011.3.11

東北地方太平洋沖地震









その時私は渋谷のビルの6階にいました。
天井のシャンデリアは弧を描き
いつ落下してもおかしくないほど揺れていました。

窓から外を見降ろすと、あちこちのビルから飛び出してきた人達で
歩道はごった返していました。
揺れはなかなかおさまりません。

「当ビルは免震構造のため倒壊の心配はございません。
みな様、安心して落ちついて行動してください。」

アナウンスは繰り返し流れていましたが
安心できないほどの大きな揺れが続きました。

何度も地震を経験してきましたが、生まれて初めて
「助からないかもしれない」という恐怖を感じました。


「とにかく家に帰らなければ・・・」
家にいるのは、う~たんだけ。
少しの物音にも敏感なあの子のことだから
さぞや怖い思いをしている事でしょう。


急いで渋谷駅に向かったものの電車は動いていません。
人があふれ返った寒い改札口で3時間ほど待ちましたが
電車は動きそうもないので、少しでも暖かい場所へと
東急東横店に移動しました。
トイレも公衆電話も長蛇の列でしたが
有難い事に東急デパートの従業員さん達が
上手に誘導してくれたので助かりました。


「とにかく家族と連絡をとらなくては!」と焦っても
携帯は満足につながらず不安は増すばかり。
ムスメとは連絡が取れましたが、オットとは取れないまま。
やっと人づてで無事が確認でき、ひと安心。
ムスメは大学にいたので、学校の近くに一人暮らししている
お友達のところに泊めていただくことになりました。



地震ももちろん怖かったけど
それ以上に家族の安否がわからないのが一番怖かった。



電車も動きそうもないので諦めて駅を後にして
渋谷区の施設にしばらく避難して
車で帰ってくるオットに拾ってもらうことになりました。

しかし道路はありえないほどの渋滞です。
家に着いたのは夜の2時過ぎ。
留守番電話には実家の母からのメッセージが何度も入っていました。
連絡がつかず、どんなにか心配だっただろうと思うと
本当に悪いことをしてしまいました。


帰宅してようやくテレビ見ることができましたが
目に飛び込んできた被害の大きさに血の気が引き
眠気も飛んでしまいました。
繰り返し流される映像に胸がつぶれる思いです。
あの惨状を人生に突き付けられた多くの方々に
自分にできる事は何?そればかり考えてしまいます。




Pray for japan

世界中から支援やメッセージが届いています。
同じ日本に住んでいるのに私がいま出来る事といえば
募金ぐらいしかないのがとても歯がゆいです。








何度も何度も余震が起きています。
このブログを書いている時にも揺れました。
昼間行ったスーパーも、買いだめしている人ばかりで
商品が品薄状態でした。








いつ何が起こるかわからない。
次は自分かもしれない。



決して他人事ではないのです。





助かった方々のこれからの生活を
傷ついてしまった心を
国が、国民ひとりひとりが
全力で救わなければ。






|

« 3月に降る雪 | トップページ | このような時期ですが・・・ »