« 6月のネイル | トップページ | 多摩川台公園の紫陽花 »

2011年6月18日 (土)

星守る犬 見ました

「星守る犬」というのは手に入らないものを求める人
という意味なのだそうです。
だったら人間は誰もが星守る犬なのだと思います。


Photo_l_001

ひまわり畑に囲まれたポスターと、この題名を見て
いっぱい泣いて、いっぱい感動する映画なんだと期待していました。

が、わんこの顔にボールをぶつけるシーンや
角材を投げつけるシーンは見るに耐えませんでした。
しかも、この角材をぶつけられたケガが元で
ハッピーは命を落としてしまうなんて、あんまりだわ。
投げつけた男を見つけ出して一発殴りたい気分。
「あら!過激ね」と思われるかもしれませんが
見たらそう思いますって。

最後の最後まで怒りがおさまらず感動し損なってしまいました。

せっかく名優が出ているのにもったいない。
「お父さん」目線で作ってほしかったな。










|

« 6月のネイル | トップページ | 多摩川台公園の紫陽花 »