« 三ッ池公園へ | トップページ | サザンビーチ »

2012年3月24日 (土)

『マリリン 7日間の恋』みました

0324

土曜日の夜、お夕飯を食べた後、映画『マリリン7日間の恋』を観ました。
映画館に入ると、私達を入れてお客さんは6人だけ!coldsweats02
「もしかしたら、この映画とてもつまらないのかも」
と不安な気持ちを抱きつつ、キャラメルポップコーンを食べながら
鑑賞しました。

ストーリーはマリリン・モンローが『王子と踊子』の撮影をしていた時の
エピソード。マリリン30歳の時のお話です。
この6年後にお亡くなりになりました。
私はどうしてハリウッドスターは薬物に依存してボロボロになってしまうのかが
不思議でしたが、この映画を観てなんとなく納得できました。

トップスターでありながら、自分に自信が持てなくて
すぐに心のバランスを崩してしまうマリリン。
純粋で無垢で不器用で芸能界には不向きな性格なのに
スクリーンに写る彼女に誰もがとりこになってしまう。
命を削る思いで演じていたなんて誰も気付かなかったのでしょう。

マリリン・モンローという女性は人生そのものが劇的で
まるで映画の中のヒロインのようで実在していなかった女性のような
印象を持っていました。
それだけにご本人は生き辛かっただろうなと。weep




景色もとても美しい映画です。
『王子と踊子』をレンタルして観てみたくなりました。





|

« 三ッ池公園へ | トップページ | サザンビーチ »