« 自然と芸術に癒されて    伊豆高原2日目 | トップページ | GWの宿題 »

2012年4月29日 (日)

ムスメの公演

ゴールデンウィークが初夏のような気候でスタートしましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は今日、ムスメが出演させて頂いているお芝居を観て来ました。
私は演劇のことはあまりよくわかりませんが
ひとつ気づいてしまった事があります。

耳に心地よい声の持ち主さんは演技の上手下手関係なく
「あ、いい俳優さんだな」と印象に残るのですね。
今日のはセリフが飛び交うお芝居だったので
なおさらそう感じたのでした。

そして、うちのムスメには「ボイストレーニングをした方が良い」と
終わった直後の感想で、そう伝えました。coldsweats01










約1年前。


大学の卒業公演で主役に選んでいただいたムスメは毎日終電まで稽古にいそしみ
初日を迎えるのを心待ちにしていた矢先きの3月11日に大震災が起きてしまいました。
劇場の安全性が確保できず立ち入り禁止となり公演はやむなく中止に。
演劇科のある大学に学んだ集大成を見る事ができるのを
たいへん楽しみにしていたので本当に残念でしかたがありませんでした。
全ての時間を注いできたムスメにしてみたら、どれほど悔しかったかわかりません。
ですが、当時はそれを言葉にするのもはばかれる状況だったので
思いを飲みこんだままになってしまいました。

あれから約1年が過ぎ、久しぶりに舞台で演技をするムスメを見ましたが
学生の頃と違い一応プロとしての舞台ですから見る方としても緊張してしまいました。
開幕からラストまで、ずっと舞台に出っぱなしのお芝居だったので
大変だったと思いますが、2ヶ月も稽古に費やした成果が出ていたように思いました。



生活も不規則で、収入も不規則で、ゆえにいつも貧乏。
社会的にも不安定な職業でこのような道を選んだ人と一緒に暮らすのは
本当に大変ですが、やるからには学生演劇の延長のような趣味の延長のような
中途半端な緩い気持ちでやるぐらいならやめなさいと小言を言いながらも
見守っていくことにしています。






そういえば

市村正親さんが
「自分にとって舞台とは、次の仕事のオーディションだと思って演じているので
一瞬たりとも気が抜けない」
とおっしゃっていました。
輝かしい実績や数々の受賞歴をお持ちで実力も才能も兼ね備えた名優さんでも
そのような心構えで舞台に上がってらっしゃるなんて意外だったので驚きました。
気の遠くなるほど長い積み重ねが今の地位なんだと感銘しました。



ムスメも気が遠くなるほど続けてゆくのか、途中で挫折してやめてしまうのか
今後の事はわかりませんが、自分が選んだ道に向かって
努力を惜しまぬ人になってほしいと願っています。





なーんてことを公演を見終わった後の六本木で
お食事しながら思ったのでした。wink










|

« 自然と芸術に癒されて    伊豆高原2日目 | トップページ | GWの宿題 »